借地権について

皆さんは借地権という言葉を知っているでしょうか。
これから家を建てようと思っている方や、現在親の代から家を受け継ぐという方などは知っておくべき言葉の一つとなっています。
しかし、実際には知らないという方も多いのが、この「借地権」です。


借地権というのは、本来土地を購入するのではなく、借りるという事です。
土地を借りている方をしっかり法律で守るように、借地権という権利が発生します。
それを持っていることで、安定して長期的に暮らすことができるようになっているのです。


また、近年は借地権を利用して事業を行う方も多くなっています。
会社を建てたり、小さな店を開いたり、個人事業主として働く場を作ったり。
様々な面で利用されているのです。
しかし、実際に用語などについて知らないという方も多いです。


用語に関しては、若干知らないことも多いでしょう。
そこで、このサイトでは、借地権に関して、知っておきたい用語について説明します。
わからないというだけでは損をしてしまう可能性もあるので、まずは基本的な用語は抑えておきましょう。


現在多くの方が借地権を使って生活しています。
借地権割合や路線価、固定資産税や更新料などの基本的な用語は、まず知っておくべきです。
サイトでは、基本的にわかりやすく説明するので、だいたいで良いので頭に入れておきましょう。


次の世代に受け継がれていく借地権。
自分の家はどのようになっているのか、今一度考えてみましょう。
借地権を利用して建てている家の場合は、更新の時期になるという方もいるので、こまめに管理しておくことが必要となります。